* プロフィール * 〜 名寄吹奏楽団の歴史 〜


 
  

        *コンクールのあゆみ   *定期演奏会の歴史

名吹ブログ 市民ホール完成までの道のり
団員構成2016年1月現在 
パート\性別
フルート 0 2
オーボエ 1 0
クラリネット 1 4
バスクラリネット 0 1
サックス 1 2
トランペット 2 4
ホルン 1 3
トロンボーン 3 1
ユーフォニアム 0 1
チューバ 1 1
パーカッション 0
0
 
名寄吹奏楽団

 昭和61年5月に結成された名寄市の吹奏楽団。名寄市近郊を拠点として演奏活動をしており、定期演奏会、吹奏楽コンクールのほか名寄地区における小中高校の楽器指導など青少年の育成にも貢献している。創立当時、全国大会出場の経験もある中学校が市内にあるにもかかわらずどこの高校にも吹奏楽部がありませんでした。そこで、当時の創立メンバーが
    「高校へ行っても、社会にでても吹奏楽がやりたい!!」
との一念で出来上がった楽団です。始まりは高校生バンドでしたが、当時のメンバーも社会人となり、現在は社会人中心の吹奏楽団として充実した活動を続けています。
 
 音楽を愛し自ら楽器を演奏することによって感性を磨き深めると共に、グループ活動を推進することにより団員相互の理解・信頼・協議・協力の精神を養い、円滑な人間形成の場を創造する。また、名寄地区の音楽活動(吹奏楽)に対する意識およびレベルの向上と音楽文化の普及を図り、地域文化活動への参加や自主企画事業の開催等を通じ、愛される吹奏楽団を目指しています。
 
 平成12年
 名寄市開拓百年記念式典にて演奏、平成15年 なよろサンピラー国体音楽隊として演奏、平成16年〜18年北海道吹奏楽コンクール3年連続金賞受賞平成19年 名寄市文化奨励賞 受賞  
 
当サイトの画像は無断転載禁止です。申請1844213